疲れ目にはサプリが最近では人気があります。今の時代はパソコンやスマホが仕事でも生活でも必需品となっていますが、それに伴い目の疲れや眼精疲労が多いのです。疲れ目におすすめなサプリはルテインが入っているものになります。一番のおすすめはめなりというサプリでルテインの量もビルベリーの量も豊富でしかも買いやすい価格設定なのでおすすめ度は上がります。

疲れ目サプリ(ルテイン)のおすすめと口コミ【パソコン・スマホ眼精疲労対策】

疲れ目サプリランキングと口コミ!パソコンスマホ眼精疲労対策

疲れ目にはサプリがいいといいます。

ここ10年でパソコンはもちろんですがスマホの普及によりパソコンやスマホによる疲れ目がすごく増えているの知っていますか?

それ以外の原因の疲れ目も多数あります。

疲れ目になると体に負担がかかり全身状態にも影響しています。

私もパソコンを扱う仕事に就いているために疲れ目や目を酷使しているせいでとうとう視力が落ちて眼鏡をかけなくてはいけないようになりました。

 

ここでは疲れ目や目にいいサプリをはじめ目に関するおすすめの情報をお伝えしていきます。

疲れ目サプリランキング

めなり

ルテインとゼアキサンチンを吸収率のいい黄金比率=5:1で配合しています。近くがぼやけたりパソコン作業で目が疲れている方に一番のおすすめサプリです。リピート率93.9%
初回907円(送料無料)  1袋60粒入り 1日2粒で1か月分  定期縛りなし

えんきん

ファンケルのえんきん
ファンケルから発売されているラジオのCMでもおなじみのえんきん えんきんは目に良い4つの成分からできています。  口コミでもくっきり見えるようになったという声が多数あります。
1,000円(送料無料) 2週間分+初回限定2週間分で計1か月分 

北の国から届いたブルーベリー

北の国から届いたブルーベリー
北の国からと度したブルーベリーは、やわたが販売している目のサプリメントです。アントシアニンの量がブルーベリーより3倍も含まれている「ビルベリーエキス」やその他の健康サポート成分が配合されている目のサプリメントです。
2,160円(送料別途216円) 1か月分  定期縛りなし(変更可能日までに連絡する)

疲れ目サプリ・目にいいサプリとはどんなサプリ

「疲れ目を解消してくれるサプリメントだろう」
「目にいい成分が配合されているサプリメントだと思う」

このようにお考えになられた方もいらっしゃると思います。そこで今回は、「具体的にどのようなサプリメントを疲れ目サプリ・目にいいサプリと言うのか」についてご説明していきます。

【疲れ目サプリ・目にいいサプリとはどんなもの?】
上記にもありますが、「疲れ目サプリ・目にいいサプリ」を簡単に説明すると、疲れ目を解消してくれるサプリメント、目にいい成分が配合されたサプリメントのことを言います。

 

では、具体的にはどのようなサプリメントのことを「疲れ目サプリ・目にいいサプリ」と呼んでいるのでしょうか。

 

それはズバリ、疲れ目を解消してくれる成分や目の機能を高めてくれるような成分が配合されているサプリメントのことを言います。

 

では、疲れ目を解消し、目の機能を高めてくれる成分にはどんなものがあるのでしょうか。

 

【疲れ目を解消し、目の機能を高めてくれる成分とは?】
疲れ目を解消し、目の機能を高めてくれる成分には、以下のものがあります。

1 アントシアニン
[働き]目の網膜にある紫色の色素である「ロドプシン」の再合成を助ける
[効果]疲れ目解消、視力の改善

2 ルテイン
野菜や果物に含まれている「カロテノイド」の一種
[働き]抗酸化作用
[効果]紫外線やブルーライトから目を守ってくれる

3 ゼアキサンチン
「カロテノイド」の一種
網膜の中の「黄斑部」に存在している成分
[働き]抗酸化作用
[効果]黄斑部を守ってくれる

4 アスタキサンチン
「カロテノイド」の一種
[働き]抗酸化作用
[効果]目の老化防止、疲れ目解消

5 クロセチン
クチナシの果実などに含まれる天然色素
[働き]抗酸化作用
[効果]疲れ目解消

6 ビタミンA
「ロドプシン」の主成分
[効果]眼病予防、視力低下の予防

7 ビタミンB群
・ビタミンB1
[働き]体内で糖質をエネルギーに変換する
[効果]疲れ目解消
・ビタミンB2
[働き]ピントを調節する機能の修復
・ビタミンB6
[働き]「水晶体」などの代謝や免疫機能を高める
・ビタミンB12
[働き]視神経の伝達機能を正常にする

8 ビタミンC
[働き]抗酸化作用
[効果]目の老化防止

9 ビタミンE
[働き]抗酸化作用
[効果]目の老化防止、紫外線から目を守ってくれる

10 DHA
目の網膜に多く存在
[効果]視力改善

11 β-カロテン
体内で必要な量だけビタミンAに変換される
[働き]抗酸化作用
[効果]視力維持

12 メグスリノキ
日本だけに自生している
[効果]目のかすみ解消

【まとめ】
ここまで、「具体的にどのようなサプリメントを疲れ目サプリ・目にいいサプリと言うのか」について見てきました。

 

「疲れ目サプリ・目にいいサプリ」とは、疲れ目を解消してくれる成分や目の機能を高めてくれる成分が配合されているサプリメントであることが分かりました。

 

それぞれのサプリメントによって配合されている成分は違っています。どんな成分が配合されているのかをしっかり確認した上で、購入する必要があります。

疲れ目の原因とメカニズム

目が疲れてしまって辛い・・・

このような方もいらっしゃるのではないでしょうか。目が疲れてしまった状態のことを、「疲れ目」と言います。では、なぜ「疲れ目」になってしまうのでしょうか。

 

そこで今回は、「疲れ目の原因とそのメカニズム」についてご説明します。

【疲れ目の原因とは?】
「疲れ目」の原因として考えられるのは、以下の3つです。

[原因その1 目そのものに原因がある場合]
最も多い「疲れ目」の原因は、目そのものに原因がある場合です。この目そのものに原因がある場合は、更に2つに分けられます。

 

① 矯正不良
眼鏡やコンタクトの度を強くしすぎている、あるいは、矯正不足であるときには、「疲れ目」原因となります。

② 目の疾患
緑内障や白内障などといった目の疾患に罹った場合にも、「疲れ目」になることがあります。
目の疾患として最近増えてきているのが、ドライアイです。
ドライアイも「疲れ目」の原因の1つとなっています。

 

[原因その2 環境が原因の場合]

パソコンやスマートフォンなどの目を酷使しがちな機器の使用は、「疲れ目」の原因となり得ます。また、作業をしているときの距離や部屋の明るさ、エアコンなどによる乾燥も関わってきます。

[原因その3 病気が原因の場合]
自律神経失調症や更年期障害、脳の異常によっても、「疲れ目」が引き起こされることがあります。

【疲れ目のメカニズムとは?】
「疲れ目」とは、目の周りにある筋肉が疲れてしまった状態のことを言います。目の周りには、上直筋・上斜筋・内直筋・下斜筋・下直筋・外直筋(合わせて「外眼筋」と呼びます)があり、これら外直筋が筋肉疲労を起こすことによって「疲れ目」になるのです。

また、目のレンズである水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせるための筋肉である毛様体筋の疲労によっても「疲れ目」になります。

 

【まとめ】
ここまで、「疲れ目の原因とそのメカニズム」について見てきました。「疲れ目」は、目の周りにある筋肉が疲労してしまうことで起こり、原因として3つの場合が考えられることが分かりました。

 

眼鏡やコンタクトの度をきちんと合わせるなど、「疲れ目」にならないように対策をとるようにしましょう。

 

パソコンやスマホは疲れ目を引き起こす


「疲れ目」の原因として、パソコンやスマートフォンの使用による目の酷使が考えられます。実際に、「疲れ目」とパソコン・スマートフォンには、深い関係があります。

 

そこで今回は、「なぜパソコンやスマートフォンを使用すると疲れ目になるのか」についてご説明します。

【VDT症候群を知っていますか?】
皆さん、「VDT症候群」という言葉をご存知でしょうか?

 

VDT(Visual Display terminal)とは、パソコンやスマートフォンなどの画面を指した言葉で、「VDT症候群」とは、パソコンやスマートフォンを使用して長時間の作業を行うことによって、心や身体に支障を起こしてしまうことを言います。

VDT症候群の中でも多く見られる症状は、「疲れ目」です。では、なぜパソコンやスマートフォンによって「疲れ目」になってしまうのでしょうか。

 

【なぜパソコンやスマートフォンによって疲れ目になるの?】

パソコンやスマートフォンを使用することで「疲れ目」になってしまう原因としては、以下の5つが考えられます。

[原因その1 目の筋肉の緊張]

ピントは、目の筋肉によって合わせられていますが、パソコンやスマートフォンを長時間見続けると、その間ずっと目の筋肉は、働き続けなければならないことになります。
つまり、目の筋肉の緊張状態が続いてしまうため、「疲れ目」になってしまうのです。


[原因その2 ドライアイ]

ドライアイの症状として最も多く見られるのが、「疲れ目」です。パソコンやスマートフォンを見続けると、瞬きの回数が減ります。
瞬きの回数が減ってしまうと、目の表面が乾燥し、ドライアイになります。
そのため、「疲れ目」を引き起こしてしまうことがあるのです。

[原因その3 ブルーライト]

パソコンやスマートフォンの画面からは、ブルーライトと呼ばれる強い光が出ています。
ブルーライトの光は、目の奥で散乱しやすいという特徴を持っています。
そのため、目がちらつきやすく、「疲れ目」を引き起こしてしまいます。


[原因その4 画面の明るさ]

パソコンやスマートフォンの画面の明るさ(輝度)も、目に影響を与えます。
最近では、輝度が高い製品が多く出回っていますが、それが「疲れ目」の原因の1つとなっているのです。
画面の明るさ(輝度)は、設定で変えることができます。
できるだけ明るさを抑えた設定にしましょう。


[原因その5 姿勢]

実は、姿勢も「疲れ目」に関係しています。
姿勢が悪い状態を続けてしまうと、目に負担がかかってしまうのです。
背筋を伸ばした姿勢を心掛けると良いでしょう。

【まとめ】
ここまで、「なぜパソコンやスマートフォンを使用すると疲れ目になるのか」について見てきました。パソコンやスマートフォンのブルーライトや画面の明るさだけではなく、作業の際の姿勢も「疲れ目」に関わっていることが分かりました。

 

パソコンやスマートフォンを使用した作業を長時間続けないようにするなど、「疲れ目」にならないようにしっかりと対策をするようにしましょう。

疲れ目の対策・解消・予防

パソコンやスマートフォンの普及により、目を酷使してしまうことが多くなりました。しかし、目を酷使し続けると、「疲れ目」になってしまいます。

 

では、「疲れ目」にならないようにするためにはどのような対策をとれば良いのでしょうか。そこで今回は、「疲れ目の対策・予防法と解消法」についてご紹介します。

【疲れ目にならないためには?】
冒頭でも述べましたが、パソコンやスマートフォンなどの普及によって、目を酷使してしまいがちな環境となっています。

 

このような環境では「疲れ目」になりやすいので、きちんと対策・予防をしましょう。「疲れ目」にならないためのおすすめ対策・予防法には、以下のようなものがあります。

◎こまめに休憩する
パソコンやスマートフォンなどで作業をする場合には、こまめに休憩をとるようにしましょう。1時間の作業ごとに15分の休憩をとることが目安です。

◎十分な睡眠をとる
しっかりと睡眠をとると、眼球がリラックするので、「疲れ目」を予防することができます。

◎目を蒸しタオルなどで温める
目を温めると、血行が良くなり、筋肉もほぐれます。
[注意点]
目が充血している場合には、温めると悪化することもあるため、冷やすようにしましょう。

◎疲れ目に良い食べ物やサプリメントを摂る
食べ物やサプリメントによって「疲れ目」に良い栄養素を摂ることで、「疲れ目」を予防することができます。「疲れ目」に良い栄養素としては、以下のものがあります。

・アントシアニン・・・ブルーベリーやぶどう、なすなどに含まれている栄養素です。
視力低下や疲れ目を予防してくれます。
・DHA・・・さば、いわし、まぐろなどに含まれています。
視力の改善に繋がることが期待されます。
・ルテイン・・・緑黄色野菜に多く含まれている栄養素です。
パソコンやスマートフォンなどから出ている「ブルーライト」から目を守ってくれます。

【疲れ目になってしまったらどうすれば良いの?】
しっかり予防をしていても、「疲れ目」になってしまうことはあります。ここでは、おすすめの「疲れ目」解消法をご紹介していきます。

○目の筋肉をほぐすストレッチ
「疲れ目」は、眼球やまぶたを動かす筋肉が凝り固まることで起こります。目の筋肉をほぐすように目のストレッチを行うと、「疲れ目」を解消させることができます。

[目のストレッチその1]
① 目をギュッと瞑って、パッと開く
② 黒目を左右上下に動かす[目のストレッチその2]
① 3mほど遠くのものを見る
② 目から30㎝くらいの近くにあるものを見る
③ 交互に繰り返す○目の周りにあるツボ押し
目の周りにあるツボを押すことで、目をスッキリさせます。[おすすめのツボ]
・晴明(セイメイ)・・・目頭と鼻の付け根にある骨との間のツボ
・承泣(ショウキュウ)・・・瞳に中心の下で、骨の縁に沿ったくぼみにあるツボ

【パソコン・スマホで目が疲れたら】
ここまで、「疲れ目の対策・予防法と解消法」について見てきました。しっかりと睡眠をとり、疲れ目を予防してくれる栄養素を摂るなどの対策・予防をしっかりすることで、「疲れ目」にならないようにすると良いでしょう。

 

目のツボを押す際には、十分気を付けて行うようにしてください。

 

 

Copyright© 疲れ目サプリ(ルテイン)のおすすめと口コミ【パソコン・スマホ眼精疲労対策】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.