目の症状

瞼裂斑の目薬の効果。症状と完治の方法

投稿日:

瞼裂斑の目薬と症状と完治の方法

瞼裂斑(けんれつはん)とは、目の結膜(=白目)の一部が黄色く変色したり、盛り上がってしまう目の病気です。
簡単に言うと、「白目のシミ」です。

なかなか聞き慣れない病気ですが、瞼裂斑が進行すると、目の充血やドライアイの原因にもなってしまうそうです。
そこで、瞼裂斑を進行させないためには、目薬やサプリメントが効果的なんです。
今回は、瞼裂斑に効果のある目薬やサプリメントとはどのようなものなのかについてご紹介していきたいと思います。

瞼裂斑に効果のある目薬・サプリ

【瞼裂斑に効果のある目薬とは?】
現在、瞼裂斑に直接効果のある目薬は市販されていません
では、瞼裂斑になったときにはどのような目薬を使用すれば良いのでしょうか?

瞼裂斑目薬

瞼裂斑の原因は、紫外線です。

紫外線を多く浴びてしまうと、瞼裂斑になりやすいことが分かっています。
なので、紫外線による炎症を防ぐ効能のある目薬のような紫外線対策ができる目薬を選ぶと良いでしょう。
また、目の新陳代謝を高めてくれる「ビタミン類」が配合されている目薬を選ぶのもポイントです。

【瞼裂斑に効果のあるサプリとは?】
[瞼裂斑に効果のあるサプリの成分とは?]

瞼裂斑サプリメント

上記でもご説明しましたが、瞼裂斑の原因は、紫外線です。
なので、紫外線対策ができるサプリを選ぶようにしましょう。

紫外線対策ができる成分に、「ルテイン」があります。

ルテインとは、“天然のサングラス”とも呼ばれ、紫外線やパソコンなどから出ているブルーライトのダメージから目を守ってくれる成分です。
また、抗酸化作用や抗炎症作用もあるため、瞼裂斑対策にはおすすめの成分となっています。

[おすすめのサプリとは?]

瞼裂斑サプリめなり

ここでおすすめしたいサプリメントが、さくらの森が販売している「めなり」です。

めなりには、紫外線対策ができる成分としてご紹介した「ルテイン」が配合されています。
しかも、マリーゴールドから精製した「天然」のルテインです。

更に、めなりのルテインには、2つの特長があります。

<その1 高い吸収力>

瞼裂斑めなりビルベリー

めなりには、特許を取得しているビルベリーエキスも配合されています。

その特許取得ビルベリーエキスとルテインを同時に摂取すると、ルテインの吸収率が179%も高くなることが分かっています
ルテインの吸収率が高いことが、めなりの特長の1つです。

<黄金比率で配合>
ルテインと同じように“天然のサングラス”と呼ばれている「ゼアキサンチン」も配合されており、ルテイン:ゼアキサンチン=5:1という黄金比率で配合されています。

 

瞼裂斑の原因は、紫外線であるため、紫外線対策におすすめの成分が配合されている目薬やサプリメントを選ぶと良いことが分かりました。
ぜひ、参考にしてみてください。

>>めなりの公式サイトはこちら<<

めなりのことはこちらでも書いています

 

瞼裂斑の原因と症状

皆さん、「瞼裂斑(けんれつはん)」という言葉を聞いたことがありますか?
瞼裂斑とは、目の病気の1つなのですが、自覚症状が少ないために、あまり知られていない病気です。

瞼裂斑とは

ですが、とても身近な病気なんです。
そこで今回は、瞼裂斑とはどのような病気なのかや、原因・症状まで詳しくご紹介していきたいと思います。

【瞼裂斑とは?】
瞼裂斑(けんれつはん)とは、結膜(=白目)部分が分厚くなり、一部が黄色く変色したり、盛り上がってしまう目の病気です。
簡単に説明すると、「白目のシミ」ということになります。

【瞼裂斑になる原因とは?】

瞼裂斑紫外線

瞼裂斑になる主な原因の1つが、紫外線です。

金沢医科大学が中学生を対象にした調査を行ったところ、生徒の約4割に瞼裂斑の初期変化が見られることが分かりました。

(参考文献:https://life.oricon.co.jp/medical_insurance/news/2010580/)
もう少し詳しく分析してみると、以下のようなことが分かりました。

瞼裂斑学年が上がるにつれて、初期変化が見られる生徒が多くなった
瞼裂斑初期変化が見られた生徒は、変化が見られなかった生徒よりも、屋外で活動する時間が長かった
瞼裂斑眼鏡を使用していない生徒の方が多く初期変化が見られた

この結果より、紫外線を多く浴びていればいるほど瞼裂斑になりやすいと考えられます。

<その他の原因>

瞼裂斑原因コンタクトレンズ
・ドライアイ
・コンタクトレンズ
・加齢        など

【瞼裂斑になると現れる症状とは?】
瞼裂斑になると、以下のような症状が現れます。

瞼裂斑目が充血する
瞼裂斑目がゴロゴロする
瞼裂斑目が乾く     など

ここでは、瞼裂斑とはどのような病気なのかや、原因・症状について見てきました。

瞼裂斑は、紫外線を浴びれば浴びるほどなりやすくなる目の病気であることが分かりました。
外出する際には、紫外線をカットしてくれるサングラスを着用するなど、目の紫外線対策をすることが大切です。

瞼裂斑を完治させるには!手術になる?

瞼裂斑(けんれつはん)とは、白目の一部が変色したり、盛り上がってくる目の病気です。

瞼裂斑治療法
では、瞼裂斑になった場合、どのような治療が行われるのでしょうか?
また、瞼裂斑を完治させるには、手術が必要になるのでしょうか?
そこで今回は、瞼裂斑の治療法についてご説明していきたいと思います。

【瞼裂斑の治療法とは?】
瞼裂斑の治療法としては、主に以下の3つの方法が採られています。

瞼裂斑放置
瞼裂斑点眼
瞼裂斑手術

基本的には、放置(そのままにしておく)が勧められるそうです。
瞼裂斑が炎症を起こしてしまった状態の瞼裂斑炎になると、以下に挙げるような目薬での治療が行われることになります。

瞼裂斑対策抗アレルギー剤
瞼裂斑対策非ステロイド系抗炎症剤
瞼裂斑対策ステロイド剤

しかし、白目の変色や目の充血という見た目を気にする方もいらっしゃいます。
中には、本当に悩んでしまわれる方もいらっしゃり、そういう方には手術が行われるようです。

【瞼裂斑の手術とは?】

瞼裂斑治療法手術
瞼裂斑の手術では、瞼裂斑の除去が行われます。

詳しくご説明すると、まず瞼裂斑の除去し、その部分に綺麗な結膜を持ってくる「自己結膜移植」という方法で行われるようです。

しかし、手術にはリスクがあります

手術をしたことによって目が充血してしまう確率が、10%ほどあるそうです。
なので、手術をすることは、あまりおすすめされません。

よほど悩んでいるときに、手術が行われるということになります。
手術費用は、保険が適用されるため、検査など全ての費用を含めて3万円ほどということです。

【まとめ】

瞼裂斑の原因と対策、予防法や治療法を見てきました。

瞼裂斑を予防するためには、できるだけ紫外線を浴びない事が大切です。
紫外線をカットしてくれるサングラスなどを利用して、できるだけ紫外線を浴びないように気を付けましょう。

瞼裂斑予防対策

また、瞼裂斑専用の目薬は市販されていませんが、紫外線の炎症を抑えるタイプやビタミンなどが配合されている目薬なら効果があるかもしれません。

めなりなどのサプリメントと合わせて、しっかり対策していきましょう。

また瞼裂斑になってしまった場合、基本的にはそのままにしておくことがおすすめですが、すごく瞼裂斑に悩んでいる場合には手術という手もあります。
本当に瞼裂斑でお悩みの方は、医師に相談するなどすることをおすすめします。

-目の症状
-, , , ,

Copyright© 疲れ目サプリ(ルテイン)のおすすめと口コミ【パソコン・スマホ眼精疲労対策】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.