パソコン眼精疲労は現代の仕事では多くあらわれます

パソコン眼精疲労

 

パソコンディスプレイ眼精疲労の原因

仕事や趣味でパソコンディスプレイを長時間見ていると、眼精疲労の原因になります。

ディルプレイの画面を見るときには、瞬きは通常と比べてかなり減ってしまいます。

瞬きをすることによって涙が分泌されているので、目の表面が乾いてしまうのです。
涙は油層、水層、ムチン層に分かれて存在しています。

パソコンのディルプレイの見過ぎで目が乾燥すると、3つの層のバランスが悪くなります。

目の乾燥で、栄養がうまくいきどどかなくなりほこりやごみの侵入を防ぐ機能も低下するのです。

ブルーライトによる光も、目が疲れる原因になっています。

涙の層のバランスが悪くなることで、目が乾くだけでなく異物感を感じたり痛みが発生します。

これがドライアイという症状で、続くと眼精疲労の原因になります。

目が疲れるだけでなく、下記のような症状の方は眼科に行ってみましょう。

・物がかすんで見える
・目が痛い
・目が赤くなってきた
・目が重たいと感じる
・光を見るとまぶしいと思う

パソコン眼精疲労になると肩こりが起きる

パソコン眼精疲労
パソコンのディスプレイを長時間見て眼精疲労になると、肩こり悩む人が多くなります。
眼精疲労になると目の周辺の筋肉が緊張すると、首や肩の筋肉も緊張します。

首や肩の筋肉の緊張により、血流が悪くなるので老廃物が滞り肩こりになります。

パソコン画面を長い間見ていたり、睡眠時間が十分とれていなくても目の細胞の酸素や栄養が低下します。

酸素や栄養が減少することで、代謝が悪くなり疲れがなかなか回復しないという現象も起こります。

1日8時間以上パソコンの仕事をしているという方は、VDT症候群という眼精疲労や肩こりに悩むケースが多いという結果が出ています。

パソコン作業の時は目を休めたり、血流改善のために体を動かすことが大切になってきます。
眼精疲労が緩和されると、肩こりが改善してストレスも軽減されます。

肩こりがいつまでも続くと、仕事にも影響が出るので早めに治しておくことがおすすめです。

 

パソコン眼精疲労対策

パソコンの作業が多く、眼精疲労を感じている方は早めの対策が必要になります。

対策をとらないで、そのままにしておくと視力が低下したり肩こりや頭痛など体調がどんどん悪くなります。

血流が悪くなるので、自律神経が乱れて精神的にも落ち着かなくなり元気に仕事をすることができなくなります。

ここでは、パソコン眼精疲労の対策として目薬の効果やメガネで対策する方法をお話します。

パソコン眼精疲労に目薬の効果

ここでは、パソコンの眼精疲労の症状に適した目薬の成分と効果についてお話します。

ネオスチグミンメチル硫酸塩

眼球の副交感神経の働きをよくして、毛様体筋の緊張をとってくれる作用があります。

目がしょぼしょぼしたり、パソコンの画面を見たときにピントがあっていないという方に向いています。

目薬によってピントがあってくると、近くを見るのが楽になってきます。

ビタミンE

過酸化脂質が増えるのを抑えてくれて、目の血流をスムーズにしてくれる働きがわかっています。

目の血流が促進されることで、酸素や栄養分が届きやすくなるので目の疲れや目のかすみを緩和してくれます。

ビタミン12

視神経や筋肉の疲労を緩和して、視力が低下するのを予防してくれる作用があります。

目の検診で、視力が落ちたなあと感じている方に使ってほしい成分です。

コンドロイチン

コンドロイチンは、涙に近い成分で目の乾燥を予防してドライアイになりにくくしてくれます。

パソコン作業で目がいつも乾いた感じがするという方は、コンドロイチンで潤い成分をプラスすることがおすすめです。

タウリン

視神経や筋肉の緊張を和らげてくれる効果があるので、疲れた目を休ませることができます。

年齢が高くなると、だんだん濃度が低下していくので疲れ目を防ぐためには目薬での補給が効果的です。

パソコン眼精疲労はメガネで対策

パソコン眼精疲労を予防するために、メガネで対策ができます。

目の負担が少ないメガネを選ぼう

近視の人は度の強いメガネやコンタクトを選んで、遠くのものをはっきりと見ようとします。

しかし近くの物を見るときは、ピントを合わせなければならないので目に負担になります。

パソコンを使うときとスポーツをするときでは、見る距離が違うので度数を変えることが目の負担を軽減させることができます。

毛様体筋などを収縮させる目の調整力は、年齢が高くなるとだんだん衰えてきます。

眼精疲労によってピントを無理に合わせようとすると、顔をしかめることになるのでいい表情も作れません。

年齢や用途に合わせてメガネを作る場合は、眼科で相談してみましょう。

PC専用メガネ

ブルーライトはパソコンやスマホ、テレビで浴びることがあり強いエネルギーを持っています。

波長が短いので、まぶしくなったリ視界がちらついて目の疲れの原因になります。

目の筋肉を使うことが多くなるので、眼精疲労になりやすいです。

紫外線と似ているので、睡眠ホルモンの分泌を抑制して質がいい睡眠がとれなくなります。

パソコン作業が長い方は、ブルーライトがカットできるPC専用のメガネがおすすめです。

メガネのなかには、80パーセントカットできる高機能の商品もあります。

スポンサードリンク