疲れ目サプリランキングと口コミ!パソコンスマホ眼精疲労対策

疲れ目サプリランキング
スポンサードリンク

疲れ目サプリランキングと口コミ!パソコンスマホ眼精疲労対策

疲れ目にはサプリがいいといいます。

疲れ目のいいサプリでおすすめはめなり

めなりの詳細はこちら

めなり

目に関する悩みを2767名にアンケートをとったところ、目が疲れやすいが500人を超えて最も多く、次いで視力が悪くなってきた、目が乾きやすいの順です。
これらは複合していることも多く、疲れ目の人は視力低下を招いたりします。

疲れ目の原因は様々あります。
ここ10年でパソコンはもちろんですがスマホの普及によりパソコンやスマホによる疲れ目がすごく増えています。

それ以外の原因の疲れ目も多数あります。

疲れ目になると体に負担がかかり全身状態にも影響しています。

ドライアイ対策ちょこっと口コミ

パソコンを扱う仕事に就いているために疲れ目や目を酷使しているせいでとうとう視力が落ちて眼鏡をかけなくてはいけないようになりました。特に夕方になると画面が2重に見えたり、パソコンを使ってた後に車の運転をすると視界がぼやけてたりします。目薬もいくつか試しましたがあまり効果がなく、ネットで見つけた目のサプリを飲みはじめました。
めなりというサプリです。飲み始めた2カ月が経ちましたが、2重に見えたりするのがなくなり目の乾きも少なくなりました。

 

ここでは疲れ目や目にいいサプリをはじめ目に関するおすすめの情報をお伝えしていきます。

疲れ目サプリランキング
めなり

めなりは目にいい人気サプリです。めなりはビルベリー・ルテイン・ゼアキサンチンがすべてがトップクラスの配合しています。
価格・・・907円
内容量・・・60粒 1ヵ月分
定期縛り・・・なし
送料・・・無料

えんきん
ファンケルのえんきん

ファンケルから発売されているラジオのCMでもおなじみのえんきん えんきんは目に良い4つの成分からできています。  口コミでもくっきり見えるようになったという声が多数あります。

価格・・・1000円
内容量・・・1ヵ月分
定期縛り・・・お試し
送料・・・無料

北の国から届いたブルーベリー
北の国から届いたブルーベリー

北の国からと届いたブルーベリーは、やわたが販売している目のサプリメントです。アントシアニンの量がブルーベリーより3倍も含まれている「ビルベリーエキス」やその他の健康サポート成分が配合されている目のサプリメントです。
価格・・・2160円
内容量・・・1ヵ月分
送料・・・216円
定期縛り・・・なし

めなりの動画

疲れ目対策のサプリメントで一押しのめなりですが、販売元のさくらの森さんが作成した動画をシェアしておきます。

疲れ目サプリ・目にいいサプリとはどんなサプリ

「疲れ目を解消してくれるサプリメントだろう」
「目にいい成分が配合されているサプリメントだと思う」

このようにお考えになられた方もいらっしゃると思います。そこで今回は、「具体的にどのようなサプリメントを疲れ目サプリ・目にいいサプリと言うのか」についてご説明していきます。

疲れ目サプリ・目にいいサプリとは

上記にもありますが、「疲れ目サプリ・目にいいサプリ」を簡単に説明すると、疲れ目を解消してくれるサプリメント、目にいい成分が配合されたサプリメントのことを言います。

 

では、具体的にはどのようなサプリメントのことを「疲れ目サプリ・目にいいサプリ」と呼んでいるのでしょうか。

 

それはズバリ、疲れ目を解消してくれる成分や目の機能を高めてくれるような成分が配合されているサプリメントのことを言います。

 

では、疲れ目を解消し、目の機能を高めてくれる成分にはどんなものがあるのでしょうか。

 

疲れ目を解消し、目の機能を高めてくれる成分とは

疲れ目を解消し、目の機能を高めてくれる成分には、以下のものがあります。

1 アントシアニン

アントシアニンは、ブルベリーやビルベリーに多く含まれている色素で、昔から目の疲れを解消する有効成分として注目を集めています。アントシニアンはロドプシンの再合成との関わりありそれが目に対しての効果を担っています。疲れ目になると、その再合成が間に合わずにロドプシンが減少します。そこでアントシアニンを摂取すると再合成を促進して目の疲労を回復させる効果があるというわけです。まやアントシアニンには、目だけでなく老化を防ぐ成分としても知られています。

[働き]目の網膜にある紫色の色素である「ロドプシン」の再合成を助ける
[効果]疲れ目解消、視力の改善

別ページ アントシアニンとは!ブルーベリーに含まれる目にいい有効成分

2 ルテイン

ルテイン

野菜や果物に含まれている「カロテノイド」の一種で、生き物全てにおいて必要となる成分です。ルテインは、ほうれん草、ニンジン、ブロッコリー、かぼちゃの緑黄色野菜を中心に含まれています。またとうもろこしやマリーゴールドの花弁や果実にも含まれています。

このルテインは、体内で生成されない成分なので摂取して補わなければなりません。

ルテインと目の関係性ですが、目の黄斑部にルテインは存在しているのですが困ったことに年齢が加齢していくと減少する傾向にあります。黄斑変性症は年をいくと視力が悪くなる症状が特徴です。加齢だけでなく睡眠不足や喫煙や飲酒によってもルテインは少なくなっていきます。

そのルテインを摂取するサプリメントが目にいいと今注目をされているわけです。

[働き]抗酸化作用
[効果]紫外線やブルーライトから目を守ってくれる

ルテインサプリの飲むタイミング

3 ゼアキサンチン

かぼちゃ「カロテノイド」の一種で網膜の中の「黄斑部」に存在している成分。ミドリムシに含まれています。

ゼアキサンチンかぼちゃ、にんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれておりルテインと同じ目の黄斑部に存在しています。カロテノイドの種類は実に600種類を超えるのですが目の黄斑部に存在するカロテノイドは、ルテインとゼアキサンチンのみなのです。

ですので目にいいサプリではルテインとともにゼアキサンチンが含まれているのです。

[働き]抗酸化作用
[効果]黄斑部を守ってくれる

4 アスタキサンチン

アスタキサンチンアスタキサンチンは「カロテノイド」の一種で赤色の天然色素になります。アスタキサンチンの最大の特徴は抗酸化成分です。それはビタミンCの約6000倍とも言われておりその数字だけでも最近注目されれているのがわかります。

目に対してはどうかと言いますと、抗酸化成分の影響で目の調節機能の改善を働きかけてくれます。

[働き]抗酸化作用
[効果]目の老化防止、疲れ目解消

別ページ アスタキサンチンの効果 体のどこに効能がある

5 クロセチン

クチナシの果実などに含まれる天然色素。クロセチンもカロテノイドの一種になるのですが、栗きんとんやたくわんの黄色はクロセチンがもとになっています。

クロセチンが目にどのような効果があるのかというと、目も疲れてくると肩こりのようにこるのです。目がこるとピントが合わなくなったり、目がかすんだりするのです。それは疲れ目の代表的な症状です。

クロセチンは、目の周りの筋肉をほぐす作用があります。

[働き]抗酸化作用
[効果]疲れ目解消

6 ビタミンA

ビタミンAは動物性の食品と植物性の食品に含まれている2種類があるのですが、動物性に含まれているレチノールが視覚の正常化に働きます。ビタミンAが不足すると夜盲症(鳥目)になったりします。

ビタミンAは、豚肉のレバー、鶏肉レバー、アンコウのきも(あん肝)、やつめうなぎ、アユの内臓、うなぎの肝などに含まれています。

ビタミンAは、ドライアイにもよいです。
「ロドプシン」の主成分
[効果]眼病予防、視力低下の予防

7 ビタミンB群

・ビタミンB1

ビタミンB1は、は水溶性ビタミンの仲間でありチアミンと呼ばれています。ビタミンB1は豚肉やレバーなどの肉類や魚の血合部分に多く含まれています。

ビタミンB1は昔から疲労回復によい成分とされ目の疲れにも効果があるとされています。逆に言えばビタミンB1が不足すると疲れやすくなります。

[働き]体内で糖質をエネルギーに変換する
[効果]疲れ目解消

・ビタミンB2

ビタミンB2別名リボフラビンは、しみやそばかす対策に有効な成分として知られていますが、眼精疲労や結膜炎などの目の充血にもよいされています。

豚肉、レバー、あまのり、ほしのり、牛乳、ヨーグルトなどに含まれています。
[働き]ピントを調節する機能の修復 眼精疲労

・ビタミンB6

ビタミンB6は水溶性のビタミンで補酵素(酵素の働きを助ける成分)としてアミノ酸の代謝を助けます。ビタミンB6が不足すると、口内炎、皮膚炎、貧血、うつ状態、脳波の異常をきたしたりします。

ビタミンB6は、マグロ、カツオ、レバー、野菜類に含まれています。
[働き]「水晶体」などの代謝や免疫機能を高める

・ビタミンB12

ビタミンB12はコバルトを含む化合物で造血ビタミンとしての働きがあります。ビタミンB12が不足すると造血作用が働かず貧血になったり末梢神経障害や脳の白質障害になります。

ビタミンB12はサンマ、イワシ、レバー、牡蠣、チーズなどに含まれます。

[働き]視神経の伝達機能を正常にする

8 ビタミンC

水溶性のビタミンCは、不足すると皮下出血や骨形成不全や貧血をまねくビタミンです。

目に関しては、抗酸化作用により目の老化を防ぎます。
[働き]抗酸化作用
[効果]目の老化防止

9 ビタミンE

[働き]抗酸化作用
[効果]目の老化防止、紫外線から目を守ってくれる

10 DHA

目の網膜に多く存在するDHAは、目を健康状態に保つには欠かせない成分です。

DHAは、イワシ、アジ、サバ、カツオなどの青魚に含まれています。

[効果]視力改善

11 β-カロテン

スポンサードリンク

体内で必要な量だけビタミンAに変換されるβーカロテン。

βーカロテンが不足すると、ドライアイや夜盲症(鳥目)の症状として暗いところで視力が低下してしまいます。

[働き]抗酸化作用
[効果]視力維持

12 メグスリノキ

メグスリノキ(目薬の木)は日本だけに自生している樹木です。ミツバナ、ミツハバナ、長者の木、千里眼の木ともよぼれて目に良い成分が入っています。
メグスリノキの葉や枝には、タンニンの仲間のロドデンロールやカテキンが含まれており目の細菌の増殖を抑えたりします。
[効果]目のかすみ解消

13 タウリン

タウリンはあらゆる臓器に存在している成分で重要な働きをするアミノ酸です。

タウリンが不足すると、目の症状としては疲れ目やかすんだりするのでタウリンの補給は目に良いです。

タウリンは、カニ、イカ、タコ、エビ、カキ、サザエ、ハマグリ、シジミなどに入っています。

[効果]目のかすみ解消 疲れ目解消

【まとめ】
ここまで、「具体的にどのようなサプリメントを疲れ目サプリ・目にいいサプリと言うのか」について見てきました。

 

「疲れ目サプリ・目にいいサプリ」とは、疲れ目を解消してくれる成分や目の機能を高めてくれる成分が配合されているサプリメントであることが分かりました。

 

それぞれのサプリメントによって配合されている成分は違っています。どんな成分が配合されているのかをしっかり確認した上で、購入する必要があります。

疲れ目にはルテインサプリのめなり

上のランキングでも示しましたが、疲れ目におすすめしたいのはさくらの森のめなりというルテインサプリです。

めなりは、アイケアサプリで業界トップクラスのビルベリーとルテイン&ゼアキサンチンが推奨摂取量配合されている理想の目のサプリです。

ビルベリーには、目に良い成分のアントシアニンが入っているのですが、目のサプリによく使われてるお馴染みのブルベリーの約5倍入っていますの。

そして光のダメージから目を守る働きのあるルテインとゼアキサンチンが黄金比率で入っています。

パソコンやスマホの疲れ目やその他の疲れ目でお悩みの方にはぜひおすすめしたいです。

>>めなりの公式サイトはこちら<<

疲れ目の原因とメカニズム

目が疲れてしまって辛い・・・

このような方もいらっしゃるのではないでしょうか。目が疲れてしまった状態のことを、「疲れ目」と言います。では、なぜ「疲れ目」になってしまうのでしょうか。

 

そこで今回は、「疲れ目の原因とそのメカニズム」についてご説明します。

【疲れ目の原因】
「疲れ目」の原因として考えられるのは、以下の3つです。

[原因その1 目そのものに原因がある場合]
最も多い「疲れ目」の原因は、目そのものに原因がある場合です。この目そのものに原因がある場合は、更に2つに分けられます。

 

① 矯正不良
眼鏡やコンタクトの度を強くしすぎている、あるいは、矯正不足であるときには、「疲れ目」原因となります。
② 目の疾患

緑内障や白内障などといった目の疾患に罹った場合にも、「疲れ目」になることがあります。
目の疾患として最近増えてきているのが、ドライアイです。
ドライアイも「疲れ目」の原因の1つとなっています。

 

[原因その2 環境が原因の場合]

パソコンやスマートフォンなどの目を酷使しがちな機器の使用は、「疲れ目」の原因となり得ます。また、作業をしているときの距離や部屋の明るさ、エアコンなどによる乾燥も関わってきます。

[原因その3 病気が原因の場合]

自律神経失調症や更年期障害、脳の異常によっても、「疲れ目」が引き起こされることがあります。

【疲れ目のメカニズムとは?】

「疲れ目」とは、目の周りにある筋肉が疲れてしまった状態のことを言います。目の周りには、上直筋・上斜筋・内直筋・下斜筋・下直筋・外直筋(合わせて「外眼筋」と呼びます)があり、これら外直筋が筋肉疲労を起こすことによって「疲れ目」になるのです。

また、目のレンズである水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせるための筋肉である毛様体筋の疲労によっても「疲れ目」になります。

 

ここまで、「疲れ目の原因とそのメカニズム」について見てきました。「疲れ目」は、目の周りにある筋肉が疲労してしまうことで起こり、原因として3つの場合が考えられることが分かりました。

 

眼鏡やコンタクトの度をきちんと合わせるなど、「疲れ目」にならないように対策をとるようにしましょう。

 

パソコンやスマホは疲れ目を引き起こす


「疲れ目」の原因として、パソコンやスマートフォンの使用による目の酷使が考えられます。実際に、「疲れ目」とパソコン・スマートフォンには、深い関係があります。

 

そこで今回は、「なぜパソコンやスマートフォンを使用すると疲れ目になるのか」についてご説明します。

【VDT症候群を知っていますか?】
皆さん、「VDT症候群」という言葉をご存知でしょうか?

 

VDT(Visual Display terminal)とは、パソコンやスマートフォンなどの画面を指した言葉で、「VDT症候群」とは、パソコンやスマートフォンを使用して長時間の作業を行うことによって、心や身体に支障を起こしてしまうことを言います。

VDT症候群の中でも多く見られる症状は、「疲れ目」です。では、なぜパソコンやスマートフォンによって「疲れ目」になってしまうのでしょうか。

 

【なぜパソコンやスマートフォンによって疲れ目になるの?】

パソコンやスマートフォンを使用することで「疲れ目」になってしまう原因としては、以下の5つが考えられます。

[原因その1 目の筋肉の緊張]

ピントは、目の筋肉によって合わせられていますが、パソコンやスマートフォンを長時間見続けると、その間ずっと目の筋肉は、働き続けなければならないことになります。
つまり、目の筋肉の緊張状態が続いてしまうため、「疲れ目」になってしまうのです。


[原因その2 ドライアイ]

ドライアイの症状として最も多く見られるのが、「疲れ目」です。パソコンやスマートフォンを見続けると、瞬きの回数が減ります。
瞬きの回数が減ってしまうと、目の表面が乾燥し、ドライアイになります。
そのため、「疲れ目」を引き起こしてしまうことがあるのです。

[原因その3 ブルーライト]

パソコンやスマートフォンの画面からは、ブルーライトと呼ばれる強い光が出ています。
ブルーライトの光は、目の奥で散乱しやすいという特徴を持っています。
そのため、目がちらつきやすく、「疲れ目」を引き起こしてしまいます。


[原因その4 画面の明るさ]

パソコンやスマートフォンの画面の明るさ(輝度)も、目に影響を与えます。
最近では、輝度が高い製品が多く出回っていますが、それが「疲れ目」の原因の1つとなっているのです。
画面の明るさ(輝度)は、設定で変えることができます。
できるだけ明るさを抑えた設定にしましょう。


[原因その5 姿勢]

実は、姿勢も「疲れ目」に関係しています。
姿勢が悪い状態を続けてしまうと、目に負担がかかってしまうのです。
背筋を伸ばした姿勢を心掛けると良いでしょう。

【まとめ】
ここまで、「なぜパソコンやスマートフォンを使用すると疲れ目になるのか」について見てきました。パソコンやスマートフォンのブルーライトや画面の明るさだけではなく、作業の際の姿勢も「疲れ目」に関わっていることが分かりました。

 

パソコンやスマートフォンを使用した作業を長時間続けないようにするなど、「疲れ目」にならないようにしっかりと対策をするようにしましょう。

疲れ目の対策・解消・予防

パソコンやスマートフォンの普及により、目を酷使してしまうことが多くなりました。しかし、目を酷使し続けると、「疲れ目」になってしまいます。

 

では、「疲れ目」にならないようにするためにはどのような対策をとれば良いのでしょうか。そこで今回は、「疲れ目の対策・予防法と解消法」についてご紹介します。

【疲れ目にならないためには?】
冒頭でも述べましたが、パソコンやスマートフォンなどの普及によって、目を酷使してしまいがちな環境となっています。

 

このような環境では「疲れ目」になりやすいので、きちんと対策・予防をしましょう。「疲れ目」にならないためのおすすめ対策・予防法には、以下のようなものがあります。

◎こまめに休憩する
パソコンやスマートフォンなどで作業をする場合には、こまめに休憩をとるようにしましょう。1時間の作業ごとに15分の休憩をとることが目安です。

疲れ目休憩

 

◎十分な睡眠をとる
しっかりと睡眠をとると、眼球がリラックするので、「疲れ目」を予防することができます。
疲れ目睡眠

◎目を蒸しタオルなどで温める
目を温めると、血行が良くなり、筋肉もほぐれます。
[注意点]
目が充血している場合には、温めると悪化することもあるため、冷やすようにしましょう。
疲れ目蒸しタオル

◎疲れ目に良い食べ物やサプリメントを摂る
食べ物やサプリメントによって「疲れ目」に良い栄養素を摂ることで、「疲れ目」を予防することができます。「疲れ目」に良い栄養素としては、以下のものがあります。

・アントシアニン・・・ブルーベリーやぶどう、なすなどに含まれている栄養素です。
視力低下や疲れ目を予防してくれます。
・DHA・・・さば、いわし、まぐろなどに含まれています。
視力の改善に繋がることが期待されます。
・ルテイン・・・緑黄色野菜に多く含まれている栄養素です。
パソコンやスマートフォンなどから出ている「ブルーライト」から目を守ってくれます。

【疲れ目になってしまったらどうすれば良いの?】
しっかり予防をしていても、「疲れ目」になってしまうことはあります。ここでは、おすすめの「疲れ目」解消法をご紹介していきます。

○目の筋肉をほぐすストレッチ
「疲れ目」は、眼球やまぶたを動かす筋肉が凝り固まることで起こります。目の筋肉をほぐすように目のストレッチを行うと、「疲れ目」を解消させることができます。
[目のストレッチその1]
① 目をギュッと瞑って、パッと開く
② 黒目を左右上下に動かす

[目のストレッチその2]
① 3mほど遠くのものを見る
② 目から30㎝くらいの近くにあるものを見る
③ 交互に繰り返す

○目の周りにあるツボ押し
目の周りにあるツボを押すことで、目をスッキリさせます。

[おすすめのツボ]
・晴明(セイメイ)・・・目頭と鼻の付け根にある骨との間のツボ
・承泣(ショウキュウ)・・・瞳に中心の下で、骨の縁に沿ったくぼみにあるツボ

【パソコン・スマホで目が疲れたら】

ここまで、「疲れ目の対策・予防法と解消法」について見てきました。しっかりと睡眠をとり、疲れ目を予防してくれる栄養素を摂るなどの対策・予防をしっかりすることで、「疲れ目」にならないようにすると良いでしょう。

※目のツボを押す際には、十分気を付けて行うようにしてください。

疲れ目を目薬で解消する

疲れ目になると、その疲れ目になっている原因をなくすことが一番の解決方法になるのですが簡単にできるものでもありません。

疲れ目の解消・予防として目にいい有効成分が入ったサプリを服用する、目のマッサージをするなど書いてきましたが今ある疲れ目の症状を緩和するには目薬の使用も一つの手法です。

目が乾燥している場合におすすめ目薬

目が疲れることにより乾燥したりしょぼしょぼしたりするときは、参天製薬のソフトサンティアロート製薬の新ロートドライエイドEXがおすすめです。これらは涙液の構成成分で目の乾燥(ドライアイ)に潤いを与えます。

ソフトサンティアはコンタクトはハードコンタクトとソフトコンタクトの両方いけますが新ロートドライエイドEXはソフトコンタクトは信用できません。

ピントが合わない疲れ目には

疲れ目の症状でピントが合わないというものがあります。

この場合は、調節機能改善成分が含まれている目薬がおすすめです。

参天製薬のソフトサンティアひとみストレッチは目の筋肉をほぐしてくれる作用のある成分が含まれています。またビタミンB6、B12も含まれているので眼精疲労でピントが合わないときに使用しみてはいかがでしょうか。

疲れ目で充血したときの目薬

疲れ目で目が充血して赤くなることはよくあります。

目が充血しているときにおすすめの目薬は、参天製薬のサンテポーティエです。

サンテポーティエには、目の充血(結膜の充血)を抑える成分が入っています。

まとめ

疲れ目は現代社会では職業病といっても過言ではないくらい多くの人が感じている目の症状です。

短絡的にその場をしのぐには即効性のある目薬を使用するのが良いでしょう。

そして疲れ目を解消する体つくり、疲れ目にならない体つくりをするなら目のサプリメントがおすすめです。

アントシアニン・ルテイン・ゼアキサンチンやビタミンシリーズが成分として入っているものがメインになってきます。おすすめは、さくらの森のめなりです。成分の配合が絶妙で疲れ目対策に持ってこいのサプリです。

疲れ目はサプリや目薬だけでなく日ごろから休憩や睡眠の行動も大きな差が出ますので、心がけるようにしてください。

 

スポンサードリンク