疲れ目にはサプリが最近では人気があります。今の時代はパソコンやスマホが仕事でも生活でも必需品となっていますが、それに伴い目の疲れや眼精疲労が多いのです。疲れ目におすすめなサプリはルテインが入っているものになります。一番のおすすめはめなりというサプリでルテインの量もビルベリーの量も豊富でしかも買いやすい価格設定なのでおすすめ度は上がります。

疲れ目サプリ(ルテイン)のおすすめと口コミ【パソコン・スマホ眼精疲労対策】

疲れ目対策

スマホで目が悪くなる!疲れ目の原因です!目薬よりルテインサプリ

投稿日:

スマホは目が疲れる悪くなる:対策はサプリがおすすめ

今はほとんどの人が持っているスマホまたは携帯電話ですが、目に悪影響を及ぼしています。

 

特にスマホ時代になってからは、スマホを見ている時間が長くなり画面がスクロールで変わるので目の疲れ方がかなり大きくなる。

 

スマホ疲れ目

 

今回はスマホによる疲れ目の原因や対策についていくつか紹介していきます。

 

中でもスマホによる疲れ目対策にはルテインを配合しているサプリがおすすめです。

 

スマホで目が疲れる・眼精疲労はルテインサプリがおすすめ

スマホのブルーライトによるダメージが蓄積されていくと目は疲れ、充血し、見えにくくなってしまいますが、そんな辛い眼精疲労にはルテインがおすすめです。

 

ルテインにはブルーライトの青白い光を吸収して水晶体や網膜の酸化を防ぐ効果があります。

 

逆にルテインが不足してしまうと網膜を保護することが難しくなるので、網膜の病気や白内障などの眼病にかかりやすくなります。

 

スマホを使用することで目の負担が増えてしまった現代社会にとってなくてはならない栄養素になってきています。

 

ルテインサプリならめなりがおすすめ

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますが、食べ物から摂取するのは限界があるので、サプリメントで補うことが有効です。

ルテインを多く含んでいるサプリメントには『めなり』があげられます。

 

めなり

 

ルテインの摂取量は1日に6mg~10mgが良いとされていますが、めなりには12mgのルテインが配合されています。

 

これはサプリメントの中でもトップクラスの配合量です。

 

めなり公式サイトはこちら

ルテインもマリーゴールドから抽出された天然由来のものなので体に吸収されやすい特徴があります。

 

またルテインと一緒に摂ると相乗効果を発揮するゼアキサンチンも最も効果を発揮する5対1の割合で配合されています。

 

その他、吸収率を2倍に高めたアントシアニンをたっぷりと含んだビルベリーや光老化による活性酸素を除去するクロセチン、抗酸化力に優れたアスタキサンチンなど目に良い成分やビタミン、ミネラルがバランスよく配合されているのでアイケアサプリとしておすすめです。

 

スマホで目が疲れる、辛い症状があるという人はめなりを1度試してみてはいかがでしょう。

 

めなりについてはこちらで詳しく書いています。

 

スマホで目が悪くなる・疲れる

通勤中のバスや電車の中、友達との待ち合わせ中、ソファーに座って、眠る時のベッドの中でも、いつでもどこでも使えるのがスマホの便利なところです。

 

それだけについつい長時間スマホの画面を眺めていることがあります。

 

またスクロール機能で画面が変わりやすいのも、それを追いかける目にも、情報を処理する脳にも負担を掛けやすくなります。

 

また予定のない休日にスマホを使ったオンラインゲームなどをやると、長時間休憩を挟むこともせず1日中画面を見続けることもあり、当然疲労も蓄積します。

 

ベッドに入った後でも電源さえ入れれば画面を確認できるのでラインの返信や、明日の予定の確認、眠るまでの読書など室内が暗い状態で明るいスマホの画面を見続けてしまうこともあり、暗い部屋とスマホの画面の明るさというコントラストが脳や目に大きな負担を掛けて、眼精疲労を悪化させる原因にもなります。

 

眠る前に長時間スマホを使用し続けるとテクノストレス不眠という不眠を招いてしまう恐れもあります。テクノストレス不眠は、日中の太陽の光に近いブルーライトを浴びることで脳が昼間だと勘違いしメラトニンというホルモンの分泌を抑えてしまうことで発症します。

 

十分な睡眠が取れないことで、脳の疲労や眼精疲労、自律神経の失調症状が起きてしまい、目だけでなく、体に疲労が蓄積し、体調不良に陥ってしまう危険があります。

 

1つでも思い当たることがある場合、スマホで目を悪くする、疲れるといった症状に陥る危険が十分に考えられます。

 

スマホはルールを決めて自分なりの付き合い方で使用しましょう。

 

スマホ疲れ目

 

 

スマホで目の疲れを防ぐ目にやさしい使い方

スマホで目を疲れさせないために

・ブルーライトを防止する
・モニターの明るさを調整する
・フォントサイズを大きめに設定する
・画面との距離を近づけ過ぎない
・使用にルールを設ける

といった注意が必要です

まずはブルーライトを防ぐ対策です。

方法としてスマホの画面にフィルムを貼ったり、ブルーライトの青色をカットする機能がある機種を選んだり、アプリなどもあるのでそちらを使用するのもおすすめです。

現在Googleが勧めている『Twilight』という無料アプリなどを活用するのも効果的です。

 

白い部分がまぶしく見えたらモニターが明るすぎます。逆に白い部分がくすんで見えるとモニターが暗すぎです。どちらの環境も目には良くないので、心地よく、長時間見ても疲れない明るさに調整しましょう。

 

明るさ調節はスマホを使用している環境でも違ってくるので少しこまめに調節してみるのもいいでしょう。

 

フォントサイズは画面プロパティで調整できます。

 

画面を離しても読みやすいと感じ、目に負担をかけない、少し大きめなサイズの文字に設定してみましょう。

 

液晶画面は目から30~40cm離すのが理想的だと言われています。画面を近づけて使用しやすいスマホはこの点を注意することも大切です。

 

また目が疲れたと感じたら早めに休憩をとる、1時間に10分程度の休憩をとる、目のエクササイズで目の回りの筋肉を適度に動かすようにする。

 

画面とのコントラストが大きくなり目に負担をかけるので暗いところでの使用を避けるといった使い方を心掛けることも大切です。

 

疲れ目

 

スマホに疲れた目にどんな目薬がいいのか

20~30代でも起こり得るスマホ老眼という言葉が世間に浸透し、今では年齢が若い人が老眼症状を訴えても何の違和感もありません。そのくらいスマホによる老眼症状や眼精疲労は幅広い年代の問題となっています。

 

スマホ老眼やスマホ型眼精疲労に悩まされている人々の間では、1000円以上する高級目薬の人気が高く、少しぐらい値段が高くても辛い症状を緩和できれば安いものという風潮が浸透しつつあります。

 

高級目薬の中でも特に人気なのが『Vロートプレミアム』と『サンテメディカルアクティブ』になります。どちらも1500円前後で売られている高級品です。

 

Vロートプレミアムは12種類の有効成分を配合。目の炎症を抑えながら、細胞組織の代謝を促進して疲れ目を改善していきます。

 

他にもピント調節や角膜の保護、かゆみや充血を抑えるための有効成分がバランス良くすべて含まれています。特に疲れ目を改善する有効成分は8種類にものぼります。

 

サンテメディカルアクティブに比べて充血を抑える成分が多めに含まれており細胞の組織代謝を促進する有効成分も多く含まれています。

かなりスッキリ効いていくという実感がある使用感です。

 

一方のサンテメディカルアクティブは、Vロートプレミアムには含まれていない涙を安定させドライアイに効くビタミンAが加えてあり、さらにVロートプレミアムより角膜の保護や保水に長けたコンドロイチン硫酸エステルナトリウム2倍含まれている商品となっています。

 

使用感はVロートプレミアムに比べると優しい感じで、刺激を感じすぎる方にはおすすめです。

 

まとめ

スマホの疲れ目の対策はスマホの設定や休憩など自分で工夫ができるものもあります。目の症状を和らげたりするには、体に何かをしなければなりません。

 

それが、サプリや目薬になります。特に今はアイケアサプリがよく利用されています。中でもルテインを配合しているめなりが断トツの人気を得ています。

 

スマホで目が眼精疲労しているという方は、めなりを試してみたはいかがでしょうか。

 

めなり

-疲れ目対策
-, , , ,

Copyright© 疲れ目サプリ(ルテイン)のおすすめと口コミ【パソコン・スマホ眼精疲労対策】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.