Kindle(キンドル)を見ていると目が疲れる:対策と予防

目のピント合わない症状

Kindle(キンドル)を見ていると目が疲れる:対策と予防

Kindle(キンドル)は便利ですが目が疲れるのが難点です。しっかりと対策と予防をしましょう。

Kindle(キンドル)とは、ネット通販大手のAmazonが出している電子書籍リーダー(le書籍を読むための端末)及び電子書籍販売サービスです。手軽に読書をすることができるので、利用されている方も多いと思います。

しかし、とても便利な一方で、目が疲れてしまうという難点があります。
では、なぜKindle(キンドル)を利用していると目が疲れてきてしまうのでしょうか?
今回は、Kindle(キンドル)で目が疲れてしまう理由についてご説明していきたいと思います。

目のピント合わない症状

目が疲れてしまうKindleキンドルの利用方法

Kindleを利用するには、Kindle端末(Kindle Paperwhiteなど)を使用する方法とスマートフォンやタブレット端末用の無料アプリを使用する方法があります。

Kindle(キンドル)端末

Kindle端末では、電子ペーパーの一種である「e-ink(電子インク)」スクリーンが採用されていることによって、画面から発せられるブルーライトが全くありません。
そのため、目が疲れにくくなっています。

スマートフォンやタブレット端末用の無料アプリ

Kindle(キンドル)端末を購入しなくても、持っているスマートフォンやタブレット端末で電子書籍を楽しむことができます。
しかし、スマートフォンやタブレット端末の画面から発せられているブルーライトによって、目が疲れてきてしまいます。

つまり、目が疲れてしまうKindleの利用方法とは、スマートフォンやタブレット端末でKindleを利用する場合です。
では、なぜ目が疲れてきてしまうのかについてご説明します。

なぜKindleを利用すると目が疲れてきてしまうの?

Kindle(キンドル)の利用によって目が疲れてしまう理由には、「ブルーライトの影響」があります。

ブルーライトとは、可視光線(人の目で見ることができる光)の中で最も波長が長く、強いエネルギーを持っている青色光のことを言います。

人は、目のレンズである水晶体の厚さを調節することでピントを合わせています。
しかし、散乱しやすいという性質を持っているブルーライトの影響を受けると、ぼやけたり、チラついたりしてしまいます。

このとき目は、ぼやけやチラつきを抑えようとして、ピントを合わせ続けますが、次第にピントを調節する筋肉である毛様体筋が疲れてきてしまいます。

この状態が続いてしまうと、疲れ目(眼精疲労)となるのです。

スマートフォンやタブレット端末でKindleを利用する場合には、目が疲れないように対策をしていく必要がありそうです。

Kindle(キンドル)で疲れ目にならないようにする方法

Kindle(キンドル)で疲れ目にならないようにする方法とは?
Kindleで疲れ目になってしまう原因は、ブルーライトにあります。
つまり、疲れ目にならないようにするためには、ブルーライトの対策をすることが重要になります。

最近では、ブルーライトをカットしてくれる保護フィルムが販売されています。
画面に貼るだけなので、簡単にブルーライトを抑えることができます。

また、画面の明るさをできるだけ暗くすることも対策の1つです。
画面の明るさを抑えるだけでも、ブルーライトの量を減らすことができます。

今回ご紹介した方法は、とても簡単にブルーライトを抑えることができる方法です。
皆さん、早速試してみてください。

Kindle(キンドル)で目が疲れてしまうのを予防・対策するルテインサプリがおすすめ

Kindle(キンドル)で目が疲れてしまうのを予防・対策する方法は、「ルテインサプリ」を摂取することです。
なぜルテインサプリなのかというと、ルテインが「天然のサングラス」と呼ばれるほど、ブルーライトから目を守ってくれる成分だからです。

ルテインとは、カロテノイドの一種で、緑黄色野菜に多く含まれています。
また、人の体にも存在しており、中でも目の網膜の奥にある黄斑部(おうはんぶ)に多く存在しています。

ルテインには、2つの効果があります。
1つ目は、目に届くブルーライトを遮断し、吸収してくれる効果です。
先ほどご説明しましたが、ルテインは、「天然のサングラス」とも呼ばれています。
スマートフォンやタブレット端末から発せられているブルーライトから目を守ってくれるのです。

2つ目は、目の炎症を防ぐ効果です。
ルテインには、抗酸化作用があります。
ブルーライトなどから発生する活性酸素を消去し、目の炎症を防いでくれます。

スマートフォンやタブレット端末でKindleを楽しむ場合には、画面から出ているブルーライトの対策をすることが不可欠です。

そこで、「天然のサングラス」とも呼ばれるルテインを摂取することで、ブルーライトの影響を抑え、目を疲れにくくすることができるのです。

ルテインを配合したサプリでおすすめはめなりです。

ドライアイサプリめなり

めなりは、ビルベリー・ルテインをはじめ目にいい成分が絶妙の配合で入っていますのでおすすめです。

めなりの詳細はこちら

別ページ 1日15時間のパソコンを見てる僕がめなりを飲んだ

別ページ めなりは楽天より公式サイトがお得!めなりの口コミ

まとめ

ブルーライトの影響を抑え、目を疲れにくくするには、ルテインの摂取がピッタリです。
ですが、ルテインは、年齢とともに減少します。

緑黄色野菜から摂取するという方法もありますが、手軽にルテインを摂取するには、ルテインが配合されているサプリメントがおすすめです。

Kindleの利用で目が疲れやすいなとお思いの方は、ルテインの摂取を心掛けてみてください。


 

スポンサードリンク