大型テレビを見ていると目が疲れてくる:大画面は疲れ目になる

大型テレビ目が疲れる

大型テレビを見ていると目が疲れてくる:大画面は疲れ目になる

「大型テレビを観ていると、目が疲れてくる・・・」
このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

小さな画面のテレビよりも大型テレビの方が目には良さそうに思いますが、大型テレビの視聴で疲れ目を感じる方もいらっしゃるようです。

では、なぜ大型テレビを観ていると目が疲れてきてしまうのでしょうか?

大型テレビを見ると目が疲れる理由


大型テレビの主流は、バックライトにLEDを使用した画面を搭載している「液晶テレビ」です。

液晶テレビの画面からは、「ブルーライト」が出ています。
ブルーライトとは、人の目で見ることができる光である可視光線の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持っている青色の光です。

散乱しやすいという特徴があり、モノがぼやけたり、チラついたりする原因にもなります。

この液晶テレビの画面から発せられているブルーライトの影響によって、目が疲れてくるのです。

では、なぜブルーライトの影響を受けると目が疲れるのでしょうか?

ブルーライトは、波長が短いために散乱しやすいという特徴があり、チラつきやぼやけの原因となっています。

チラつきやぼやけがあると、目は、ピントを合わせようと働き続けます。

ですが、次第にピントを調節する筋肉である毛様体筋が疲れてきてしまいます。
この筋肉の疲れが、疲れ目(眼精疲労)となるのです。

大型テレビ目が疲れる

大型テレビ目が疲れる

大型テレビで疲れ目にならないようにするために

疲れ目の原因は、ブルーライトにあることをご説明しました。
つまり、疲れ目にならないようにするには、ブルーライトの対策をすることが大切になります。

最近では、ブルーライトをカットしてくれる保護フィルムが販売されています。
大型テレビの画面に貼るだけなので、簡単にブルーライト対策をすることができます。

また、テレビを観るときの視聴距離にも気を付けると良いでしょう。

一般的には、テレビ画面の高さの3倍の距離で視聴すると目に負担が掛からないと言われています。

疲れ目は日ごろからサプリを摂取していると防ぐことができます。
疲れ目は放置しておくとあちこち体の不調につながります。疲れ目におすすめのサプリはめなりです。

別ページ めなりのことを書いています

別ページ めなり体験レビュー『15時間パソコン作業している私がめなりを飲んでます』

めなりの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか? 大型テレビの方が目には良いように思いますが、画面から発せられているブルーライトの影響で目が疲れてくることがあるのです。

目を疲れさせないようにするために、ブルーライトの対策をすることがおすすめです。

 

スポンサードリンク